2015年も宜しくお願いします!

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!
かなりご無沙汰しておりました(^^;) 12月に一度も更新していないことに気付き、新年早々愕然としました…。

年末年度末とバタバタした時期が続き、あまり更新されない日々が続くと思いますが、こんなブログを本年もどうぞ宜しくお願い申し上げますm(_ _)m

そしてデザインココは、去年よりももっともっと色々なことにチャレンジする年に致しますので、温かい目で見守っていただけると嬉しいです!

広告

月刊 復興人 紹介されました!

仙台圏の中小企業の未来を支援する情報誌「月刊 復興人」にて、デザインココが紹介されました!フリーペーパーですので、仙台市内にお住まいの方は是非お手にとってご覧下さい<(_ _)>

東映アニメーション様にご協力いただき、表紙は「楽園追放」アンジェラ寝像です!背景の水色が目立つので見つけやすいかと思います(^^)b

141125

↓↓↓配布場所等はコチラ↓↓↓
http://www.city.sendai.jp/report/2011/1200975_1413.html

仙台市内に住んで無いけど見たい!というそこのあなた!
なんとweb上で見ることが出来ます!!
http://www.25jin.com/

これからもホームグランドを仙台・宮城として様々なことにチャレンジしていきますので、温かい目で見守っていただけると嬉しいですm(_ _)m

宮城テレビ放送「ボス魂」出演決定!

11月15日(土)AM11:00〜 放送予定の「ボス魂」にて、デザインココが紹介されます!ミヤテレだよん♪でおなじみの「宮城テレビ放送」にてOAです\(*^^*)/

11月15日(土)AM11:00〜AM11:25
宮城テレビ放送 ボス魂
http://www.mmt-tv.co.jp/boss-dama/

デザインココのボスがスタジオでトークしながら、仙台事務所や登米市工場の様子、3DCGとアナログ技術の可能性、開発中の3Dプリンターのことなど、約30分に渡って紹介されます。こんなことやってる会社が宮城県にあるんだ!と感じていただければ嬉しいです(^^) 宮城県民の方、必見です!!当日予定がある方は是非録画を!!

↓↓↓撮影風景をちらっとご紹介↓↓↓

IMG_7257
IMG_7259

ちなみに、ミヤテレさんロビーにある「だよんくん」の立像はデザインココ製なのです(^^) これも最初に3DCGデータを作って制作しています。一度データを使ってしまえば小さいフィギュアも作れますし、拡張性は無限大ですね!

あ、11/15(土)は「楽園追放」劇場公開日なので、宮城県にお住まいの方はミヤテレでボス魂を見た後、MOVIX仙台へ行くと素敵な休日を過ごせるかもしれませんよ…!

3Dプリンターで立体ゾートロープをつくろう 完結編

立体ゾートロープ企画、第7弾!今回が最終回です。
材料の準備も出来たので、組立てて実際に動かしてみましょう!

19.ターンテーブルに人形を配置
zoetrope19

20.ターンテーブルのスイッチオン
※動きましたが、これだと何がなんだか分かりません (^^;)

21.ストロボ照明のスイッチオン
※ストロボ照明をあてることにより残像効果が生まれ、人形が動いているように見えます!(ずっと見ていると具合が悪くなることがあるのでお気をつけください)ストロボ照明は真上からあてると良い感じでした。また、真ん中に筒を置いて見やすくしてみました 。

※目も瞬きしているようにしてみました!

回転速度、明滅速度、モデルの個数を考慮し、もう少し調整していけばもっとキレイに見えそうですね!(今回はiPhoneのスムースビデオカメラというアプリを通して撮影していますが、機器によってはシャッタースピードが合わず上手く撮影されない場合があります)

ストロボ照明なんて持って無いよ!という場合は、ターンテーブルを少しずつ回転させて静止画を撮影し、ストップモーションを作るのも良さそうですね (^^)

いかがでしたでしょうか?かなりざっくりとした内容でしたが、立体ゾートロープが3Dプリンターで簡単に作れそうだな〜と感じていただけたら嬉しいです!

某美術館にあるような規模のもいつか作ってみたいですね〜!…時間があれば (^^;)

3Dプリンターで立体ゾートロープをつくろう 組立て準備編

立体ゾートロープ企画、第6弾!
前回3Dプリンターで人形を出力したので、今回は組立ての準備をしていきます。

15.サポート除去&表面を研磨
zoetrope15

16.塗装&乾燥
zoetrope16

17.回転台準備
※今回はレコードなどを再生するターンテーブルを改造して使用します。
zoetrope17

18.ストロボ照明準備
※なぜか仙台事務所にあったストロボ照明を使用します。明滅速度もツマミを回せば変えられます。
zoetrope18

これで材料が揃いました!次回組立て&実際に動かしていきます。

3Dプリンターで立体ゾートロープをつくろう 3Dプリンター出力編

立体ゾートロープ企画、第5弾!
今回は、前回準備したプリントデータを3Dプリンターで出力していきます。使うのは、FDM(熱溶解積層法)のプリンターです。

11.データを3Dプリンターに送って出力
zoetrope11

12.出力完了後、サポート除去
※FDMの3Dプリンターは、下から層を積み重ねるとこにより造形されるので、モデルデータを配置した際に空中に浮いてしまうようなオブジェクトがある場合は、サポートが必要になってきます。ほとんど手でパリパリとれます。細かいぷつぷつも爪で引っ掻けばとれます。頑固なやつはラジオペンチやヤスリで除去していきます。(やりはじめると楽しくなってきたりしますが、たまに爪の間に刺さって Σ(゚Д゚|||) っとなるのでお気をつけ下さい…)
zoetrope12a
zoetrope12b

13.サポート除去完了
zoetrope13

14.8体全てを出力&サポート除去
zoetrope14

これで人形の準備が出来ましたので、次回からは人形の加工やギミックを仕込んでいきます。

3Dプリンターで等身大フィギュアをつくる 試作編

自社開発中の大型3Dプリンター(最大造形寸法600×600×600mm)を使い、等身大フィギュアを試作制作中です!只今、表面処理を行いながら各パーツを合体中です。

3Dprinterlifesizefigure01
3Dprinterlifesizefigure02

高さ600mmの足も一発で出力出来ています。

3Dprinterlifesizefigure03

本格的実用化に向けて日々研究中ですが、3Dプリンターの可能性を徐々に紹介していこうと思います(^o^)v

3Dプリンターで立体ゾートロープをつくろう 3Dプリンター準備編

立体ゾートロープ企画、第4弾!
今回は、前回作った人形8体分のデータを、3Dプリンターで出力出来るように準備していきます。

8.3Dプリント用にモデルデータをSTL形式で書き出し
zoetrope08

9.netfabb basic でSTLモデルのエラーチェック
※STLモデルにエラーがあるままプリントデータを作成してしまうと、うまく造形されません。
zoetrope09

10.3DプリンターのスライスソフトにSTLモデルを読み込みプリントデータを作成
※スライスソフトによって出力のシミュレート出来るものもあります。
zoetrope10a
zoetrope10b

これで3Dプリンターでの出力準備が整いました。
次回、いよいよ3Dプリンターで出力していきます!

3Dプリンターで立体ゾートロープをつくろう CG検証編

立体ゾートロープ企画、第3弾!
今回は、前回モデリングした人形をを使い、人形に動きをつけながら見え方を検証していきます。

4.動画を必要枚数分作画
zoetrope04

5.モデルにポーズ付け
zoetrope05

6.アニメーションを検証

7.立体ゾートロープ用にモデルを配置し検証

いかがでしょうか?そのまま回転させただけではなんだか分かりませんが、ストロボ照明をあてることにより、人形が走って見えます!

今回は秒間10回の明滅速度に設定していますが、回転速度、明滅速度、モデルの個数を増減することで、見え方を検証していくことが出来ます。

次回は3Dプリンターで出力出来るように、データを準備していきます。

3Dプリンターで立体ゾートロープをつくろう モデリング編

立体ゾートロープ企画、第2弾!
初回となる前回は、立体ゾートロープとは何か?をお話ししました。今回は、立体ゾートロープのベースとなる人形をモデリングしていきます。

1.ベースとなる形状をスケッチ
zoetrope01

2.3DCADでモデリング
zoetrope02a
zoetrope02b

3.3DCGソフトにモデルデータ読み込み
zoetrope03

これでベースの人形が出来ました!
今回は簡単な形状ですが、動きをつけること、3Dプリンターで出力することを前提にモデリングすると、後々の作業が楽になりますね。

次回は人形に動きをつけて、CG上で見え方を検証していきます。