3Dプリンターで立体ゾートロープをつくろう 3Dプリンター出力編

立体ゾートロープ企画、第5弾!
今回は、前回準備したプリントデータを3Dプリンターで出力していきます。使うのは、FDM(熱溶解積層法)のプリンターです。

11.データを3Dプリンターに送って出力
zoetrope11

12.出力完了後、サポート除去
※FDMの3Dプリンターは、下から層を積み重ねるとこにより造形されるので、モデルデータを配置した際に空中に浮いてしまうようなオブジェクトがある場合は、サポートが必要になってきます。ほとんど手でパリパリとれます。細かいぷつぷつも爪で引っ掻けばとれます。頑固なやつはラジオペンチやヤスリで除去していきます。(やりはじめると楽しくなってきたりしますが、たまに爪の間に刺さって Σ(゚Д゚|||) っとなるのでお気をつけ下さい…)
zoetrope12a
zoetrope12b

13.サポート除去完了
zoetrope13

14.8体全てを出力&サポート除去
zoetrope14

これで人形の準備が出来ましたので、次回からは人形の加工やギミックを仕込んでいきます。