3Dプリンターで立体ゾートロープをつくろう 3Dプリンター準備編

立体ゾートロープ企画、第4弾!
今回は、前回作った人形8体分のデータを、3Dプリンターで出力出来るように準備していきます。

8.3Dプリント用にモデルデータをSTL形式で書き出し
zoetrope08

9.netfabb basic でSTLモデルのエラーチェック
※STLモデルにエラーがあるままプリントデータを作成してしまうと、うまく造形されません。
zoetrope09

10.3DプリンターのスライスソフトにSTLモデルを読み込みプリントデータを作成
※スライスソフトによって出力のシミュレート出来るものもあります。
zoetrope10a
zoetrope10b

これで3Dプリンターでの出力準備が整いました。
次回、いよいよ3Dプリンターで出力していきます!

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中