3Dプリンターで立体ゾートロープをつくろう はじまり編

今話題の3Dプリンター。
先日行われた展示会でも沢山の方にご来場いただき、注目度の高さが伺えました。

3Dプリンターで出力するには、CGデータを作る必要があります。CGデータがあれば、実際に物を作る前に様々な検証が出来るので、制作工程の無駄を抑えることが出来ます。元はデータなので、小さくしたり大きくしたり、複製したりも簡単です。

CGデータで検証しながら、3Dプリンターで気軽に出力する。アイディア次第で色んなことが出来ちゃいます!そこで今回は、3Dプリンターを使って「立体ゾートロープ」をつくってみようと思います。

立体ゾートロープとは?
回転台に個別に動きを付けた模型を配置し、ストロボ照明をあてることにより、瞬間的に人形が見えたり見えなかったりします。残像効果により、人形が動いているように見えるというものです。ざっくり簡単に言えば、パラパラ漫画と同じ原理ですね!有名な所では、三鷹の森ジブリ美術館にあるアレです。

今回は簡単なサンプルで説明していきますが、CGデータがあれば比較的簡単に検証&制作が出来ます。

次回から詳しく制作工程を紹介していきます!

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中